日本工業規格表示許可工場 昭和産業株式会社 トップへ戻る

会社案内 製品案内
建築資材 土木資材
製品案内

建築資材
鉄線
溶接金網
地中梁
せん断補強フープ筋
住宅用基礎鉄筋
杭頭補強筋
開口補強筋
耐震補強材
スペーサー
トラス

土木資材はこちら

耐震補強特集

せ ん 断 補 強 フ ー プ 筋 C O N T E N T S
フラッシュフープ | デーフープ | スパイラルフープ | DAハードフープ


デーフープ(高強度せん断補強筋)

鉄筋コンクリート構造の超高層や高層の土木・建築構造物が建設されるようになり、耐震性の向上を図るため、多くのせん断補強筋を必要とするようになりました。せん断補強筋を多く使用するとコンクリートの充填性が悪くなり、良好な構造物の建設ができません。デーフープは耐力(降伏点)が785N/mm2と高いため鉄筋比がSD295の半分でよく、安全性の高い密実なコンクリート打設が可能です。

特 長

・高強度高品質鉄筋を使用しているため、短期許容せん断応力度は
普通鉄筋SD295の2倍の6,000kg/cm2が採用できます。
・普通鉄筋SD295に比べて使用量が減少、加工組立費用が半減、
過密配筋が解消などのメリットに加えて、密実なコンクリート打設
の実現といった利点があります。
・溶接閉鎖型やスパイラルを使用することによって、耐震性に優れた
鉄筋コンクリート構造物を建設することができます。
更に、表面形状を異形鉄筋の形状としているため、
高い付着性能や定着性能が得られ、フック付き筋も安心して使用できます。

■機械的性能
試験部位 降伏点
(N/mm2
引張強さ
(N/mm2
伸び
(%)
曲げ性
曲げ角度 内側直径
母材部 785以上 930以上 8以上 180° 3d
溶接部 5以上

■棒鋼の形状・寸法
呼び名 公称直径
mm
公称周長
cm2
公称断面積
cm2
単位質量
kg/m
質量許容差
S10
S13
S16
9.53
12.7
15.9
3.0
4.0
5.0
0.7133
1.267
1.986
0.560
0.995
1.560
±6%
±6%
±5%

■折り曲げ形状・寸法
折曲げ部分 末端部 中間部
折曲げ内
のり直径
(D)
4d 以上 4d以上
折曲げ角度 180°135°90° 90°以下

■加工寸法と加工可能寸法 単位(mm)
製品形状 最小寸法 最大寸法
X(横) Y(縦) X(横) Y(縦)





(角型)
S 10 200 200 1,500 1,500
S 13 300 300 1,500 1,500
S 16 400 400 1,500 1,500

(丸型)
S 10 Φ500 Φ1,500
S 13 Φ400 Φ1,500
S 16 Φ600 Φ1,500





(角型)
S 10 220 220 1,720 1,720
S 13 220 220 1,720 1,720

(丸型)
S 10 Φ250 Φ2,000
S 13 Φ300 Φ2,000




S 10 360 360 1,500 1,500
S 13 280 280 1,500 1,500
S 16 450 450 1,500 1,500


S 10 360 1,500
S 13 250 1,500
S 16 300 1,500
上記以外の寸法は、お問い合わせ下さい。




安定計算ページはこちら 資料請求ページはこちら   お問い合わせ・ご連絡はこちらから。info@showasangyo.co.jp